My everyday-life as a director / 映像のお仕事


Good morning, folks!

Film making isn’t easy, and I’m being busy taking care of my day-to-day tasks to support my living and the production!

So today, let me show you what I actually do as a director.

The pros about my job is that I get to work with many individuals from various fields.

In the beginning of this year, I had a chance to interview an architecture, Masayuki Sugano - He is part of NASA’s project to build a house on Mars in 2035.

What an honor!

I rarely say NO to any offers I’m given - from music videos to documentary shows to installations to educational contents!

I’m simply grateful for all the opportunities of video making.

Indeed, director is my true passion.

And that passion has been my fuel to keep myself driving for the past 10 years…and even brought me to NYC all the way from Japan!

One of the memorable achievements I made in NY is starting a new show on Fuji Sankei TV Channel. The title is “Hangout NYC”.

As the title implies, we highlight new trends with eyes of an local in NY in this show.

おはようございます。

今日は、監督リリーが行ってる他の映像制作についてちょこっと紹介。

新年お正月特番で

2035年にNASAと共同で火星に家を建てる建築家の曽野正之さん取材時の一コマ

私はビジュアルアーティストとして映像に関わることならなんでも!をモットーにテレビの情報番組から広告、ミュージックビデオにドキュメンタリー、インスタレーション、株番組、英語教材と映像制作に従事しています。

映画に集中したいところですが、映画費用を捻出するためには働かなくてはなりません。

まぁ

そもそも映像制作が大好きですね。年がら年中ここ10年映像ばっか作ってます。

NYにきて立ち上げた番組が1つあります。名前は「Hangout NYC」

日本語に訳すと「ブラブラゆるりニューヨーク巡り」あたりでしょうか。ローカルなブルックリンの起業家やダイバーシティの話題、ニューヨーカーのトレンドなどを追ったコーナーです。

https://www.fujisankei.com/video_library/hangoutnyc

食べ物の撮影時、商品を美味しそうにスプーンですくう作業を「箸あげ」と呼びます。

箸あげ歴10年!持ち上げたまま停止し続けるのはお手の物。ラーメンもお箸で上手にすくいますよ。

One of the things I’m proud about “Hangout NYC” is its cinematography.

Although this show is aired exclusively on TV and online, we use camera equipments that are often used for films.

Casting the right interviewer is another key to give a depth to the show.

I like the persons that I can feel strong energy and inspirations from. - When you work with the people with authentic passion (just like Jon!), you realize how much they value the sustainability and the beauty of doing what you like.

These are the elements I look for in my film “Jon Sa Trinxa” as well.

Many of us think “Doing what you like” is the life-goal, then you gradually realize it’s only a beginning of a long journey.

That’s exactly the question I want to ask : what’s the view we see after pursuing what you like?

このコーナーのこだわりは、映画に耐えうるクオリティのカメラで撮影していること。

毎回映画も撮影するDPさんとタッグを組んで、シネマトグラフィを意識しています。

また、ブルックリンでアメリカ産やローカル、サステイナビリティを大切にしている小さな起業家を取り扱うことも多いです、何か一つのことを夢中でする。ジョンと同じで、私はそういう人物を切り取って映像にするのが本望です。

私がJon Sa Trinxa映画で撮りたい「好きのその先、自分のしたいことを追求した未来って?」は、私のクリエイトする成果物に常に反映されています。

There are the “Hangout NYC” episodes that I made recently :

よければ最近OnAirされたばかりの、ブッシュウィック唯一のローカルビール工場を経営する3人の起業家特集ご覧ください。缶のデザイン、超クールです。

Bushwickのブルワリー <Brewery in Bushwick, Brooklyn>

また金融マンをやめてチョコレート工場を作った起業家の番組も。この工場、夜は製造ラインを横にはけて、クラブになったりもするファンキーな場所。しかもビーガンチョコレート。

Bushwickのチョコレート工場 <Chocolate factory in Bushwick, Brooklyn>

どちらもサラリーマンを辞めて、自分のやりたいことを追求し起業されました。

決して会社員がどうこう言うつもりは全くなく、単純に何かに魅了された情熱がある人の話って面白いなと思い、それを映像に残しています。(私もずっとフリーランスではなく20代は会社員。そこで学んだ全ての経験は財産です。人生に必要なものを勉強させていただきました)

おまけ

P.S. This shot is from when we featured the spiciest curry in NY. The DP and I started crying just by standing in the kitchen, and had to stop filming without a choice! lol

No wonder the chef is wearing the gas mask… Doesn’t it remind you of “Breaking Bad”?

NYで一番辛いカレーを取材した時のショット。私もカメラマンも、厨房に充満する香辛料に目がやられ涙が止まらず撮影を一時中断する非常事態になりました。ちなみにこのガスマスク、海外ドラマの『ブレイキング・バッド』を彷彿させませんか?私はこのドラマの大ファンで、ロケ地のニューメキシコ、アルバカーキに行ったほど。ブレイキングバッドツアーにも参加。劇中のチキン屋「ロス・ポジョス」のTシャツはパジャマです。


30回の閲覧
✉️ CONTACT☎︎

Producer

​info@jonsatrinxamovie.com

(+1)917-239-0789

Director

multituder@gmail.com

(+1)929-339-2657

Copyright © 2020 Pure in the Moon,.  all right reserved.

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Instagram - White Circle